C’BONは、フェイシャルサロンの運営をしながら、化粧品の販売を行っている会社です。インスタグラムを利用したPR活動も盛んです。化粧品やフェイシャルサロンの運営などをたくさんのお客様に届けている様子を、C’BONのインスタをひも解きながら順に紹介します。

■シーボンにおけるInstagramの便利性
Instagramは、フェイスブックが運営している写真や動画のソーシャルサービスのことです。若い世代を中心に幅広い世代で使われています。ユーザー名などを登録して、アカウントを取得する必要がなく、閲覧することができるのため、手軽に情報を取得することができる点などに利便性があります。Instagramは、インスタなどと略されて、多くの有名人が情報発信に活用しています。その流れで、若い男女なども情報発信に利用しています。企業も同じように、Instagramで情報発信に期待を寄せています。現状では、TVコマーシャルよりも、Instagramのようなソーシャルメディアを利用した方が、ピンポイントで会社や製品に興味があるお客さんを取り込みやすいとされています。宣伝費を抑えるだけでなく、PRのターゲットに上手く発信できる点が、インスタなどのソーシャルメディアの魅力だといえます。

■C’BONの活用法
C’BONでは、インスタグラムを活用して宣伝活動を行っています。画像や動画をチェックしたユーザーが好感を持ったら、企業のオフィシャルホームページに、自然な流れで移行できるようになっています。旬の情報を、新鮮なうちに載せているのも魅力で、月ごとの進捗情報など、当月におすすめの情報が分かりやすいのもよいですね。また、新商品の説明では、インスタの良さを活かして、使い方を画像や動画で配信している点も共感できます。具体的に使用の仕方を見せることで、インスタをチェックしているお客さんは、どのようにしたら自分に良いかということを常に考えながら閲覧できますね。

例えば、シーボン社が取り扱うCタオルの紹介で、その手法に共感を覚えます。Cタオルは、クレンジングをするときに使うタオル。マセという多機能なクレンジングクリームなどのクレンジング剤を拭き取る時に使用します。Cタオルを広げて、顔の広い面である頬やおでこなどから拭き取りを開始して、その後、目元や口元など細部へ拭き取りを移行するといった感じで使用をします。実際にどのように使用するかが動画で分かるようになっていますので、使用方法について、イメージがしやすく、購入したいと思えるようになっています。ただ、パンフレット1枚で見るよりは、使用方法を画像で確認した方が、購入意欲が上がるのではないでしょうか。

■視覚の効果
このように、宣伝の方法を考え抜いて、シンプルでありながらお客様からの要望に的確に応えることができています。インターネットでも販売されているシーボンの化粧品ですので、宣伝から購入まで、スムーズな流れで行えていることが魅力です。

https://www.instagram.com/cbon_jp/?hl=ja